2017年03月10日

なんの話かよくわからない話

沈です


先日飲み屋で意気投合して人たちがバンドやってるらしくて、その場でギター弾いて歌ってくれたんですけど、若いお兄ちゃんがギターでおじさんがボーカルで、それがまあいい歌で、なんて曲ですかって聞いたらTHE YELLOW MONKEYのバラ色の日々って曲で、自分は恥ずかしながら音楽に疎くて、THE YELLOW MONKEYって名前とあと、乗客に日本人はってやつ、それくらいしか知らなくて、おいおいちょっと待ってくれと、なんだこの曲めちゃくちゃかっこいいじゃないかと帰ってyoutubeでライブ映像観てたらもうちょっと待ってくれと、なんだこの人たちめちゃくちゃかっこいいじゃないかと、なのでここんとこ生活のBGMが毎日THE YELLOW MONKEYなんですけど今さらこの、遭遇したての感動を、一体誰と共有出来るというのでしょうか、てことでツイッターではなくここでこそりと熱を放出するわけです


バンド好きになるって久しぶり過ぎてその流れで昔よく聞いてたパンプやらエルレやらバクホンやらも聞いてて、あーライブに、ライブに行きたいなーと、ビューイングじゃなくてライブに行きたいなーと、思う毎日なのですが、あれですよね、THE YELLOW MONKEYって去年復活したんですよね、それくらいはね、私も知ってる、ということは今後もライブをやるということで、もしかしたら行くことがあるのかも知れなくて、そう思ったら改めて同じ時代に生きててよかったって、生きててくれてありがとうですよ


だってバンドなんていつ解散しちゃうかわかんないじゃん、集団なんていつ何が起こってばらけちゃうかわかんないじゃん、人間なんていついなくなるかわかんないじゃん

今朝ニュースで藤巻亮太が39日一人で歌ってる映像が流れたあとスピッツ30周年とかやってて、なんか知らんけど心臓がぎゅってなったのだ


人間なんて一緒にいる時間が長ければ長いほど知らないことが増えてくし何考えてんのかまじわけわかんなくなるし人が増えれば増えるほど、より複雑になるわけで、穏やかでいられなくなるわけでして、自分が何を大切にしてきたのか見失いそうになることなんてそりゃ山のようにあるわけで


それでもここで作ったものは自分にとって大事なものだし失いたくなどないわけで、あー喋りすぎるのは悪い癖だね、もっとシンプルに生きたいのよ私は


なんの話をしてるんでしょうね、時かけっていう作品がまたアガリスクで出来たことが嬉しかったんじゃないかなあって最近気付いたのですよ

あんまり話したことないけど私アガリスクで一番好きな作品これなんですよね、それゆえに愛が深すぎるとこがあるわけだけど、再演はちゃんといまを生きてる人のための話にしたいです

【関連する記事】
posted by 沈ゆうこ at 17:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。